vol.5  住むなら何階?

5階建ての団地にはエレベーターがついていません。


建設当時はそれで問題ありませんでした。

しかし、住人が高齢になってくると、

5階まで階段で登ることは非常につらいということで、

エレベーターが必要だという話や、

建て替えの話がでてきます。


今回は、エレベーターや建て替えの話からは少し離れて、

いったいどの階が一番住みやすいのかということを考えてみます。



まず1階はどうでしょう。


たしかに階段の数は少ないですので(ゼロではありませんが)

毎日の上り下りは楽ですね。

団地によっては、専用庭がついていたりして、

1階ならではの楽しみがありますね。


下に誰も住んでいないので、足音などで迷惑をかけることがなく、

子供がいる家庭であれば気が楽かもしれません。


困る事と言えば、アリなどが入ってきやすいでしょうか。

それと、地面に近いので湿気があるという話も聞きます。


また、緑が豊かな団地では、

緑の影で上の階よりは室内の明るさが落ちるようです。



2階、3階、4階と上がるにつれて、

毎日の上り下りは大変になってきます。


上下階があるので足音が気になるかもしれませんが、

スラブ厚があって、しかも、

室内の床も遮音性能を満たすようにしていれば、

それほど問題にはならないとは思います。


なによりも、騒音をはじめ、いろんな問題は、

近所の人同士が顔見知りになっていることでかなり緩和されるようです。

日頃付き合いがあると、お互いさまってことになりやすいですね。



5階は最上階だけあって、階段は慣れるまでは大変ですね。

それも考え方によっては運動不足になりにくく、

5階の人の方が、健康な人が多いということを聞いたこともあります。


見晴らしは、まちがいなく最高です。


窓からの風は、階があがるにつれて強くなっていき、

5階だと、1階と比べるとかなりの違いになります。

普段は気持ちいいですが、台風の時などはかなり窓がガタガタしますね。


夏は屋上からの熱がすごいという話をネットで見ることはありますが、

天井の断熱をちゃんとしていれば、問題ありません。

実際住んでみて、非常に暑いと感じることはありません。

今年の夏は、エアコン未使用で過ごしています。


騒音に関しては、自分が出さないように気をつけるだけですが、

上からの音を聞くことがないので、

他の階より無頓着になるという話もあります。

相手の気持ちになっての気遣いは大事です。


5階のメリットとしては、何と言っても、価格が一番安いです。

4階も安いですが5階にはかないません。

昔は、最上階ということで5階が一番高かったそうですが。



 

以上がそれぞれの良い点悪い点です。

いくつか住んだことがある人のなかには、

2階が一番という人もいらっしゃいます。


私は、階段が苦にならないので5階が大好きです。

小さな子供がいたりすると1階がいいでしょうね。


 

ということで、どこが一番いいかは人それぞれだということです。

今空き部屋が増えている5階にも、いいところはたくさんあります。

結局、それぞれのシチュエーションや価値観をよく考えて、

選ぶのが一番だということです。

 


【団地活性マーケティング】のページへ戻る